血液の状態と食事の関係|ピキッと走る腰痛|医療機関や自宅で始める改善法
ウーマン

ピキッと走る腰痛|医療機関や自宅で始める改善法

血液の状態と食事の関係

男女

食事に気を付けるのはなぜ

最近、食事に気を付けるような働きかけが増えたようにおもいます。この働きかけが増えた原因は、メタボリックになると内臓など、様々な部分に関係しているからです。特に、メタボリック(メタボリックシンドローム)は、よく聞かれます。最近、よく聞かれるコレステロールというのも、重要な要素です。血管内に、コレステロールが増えると、血行が悪くなったり体がだるくなったりなど様々影響を身体に及ぼします。そのため、医療機関で行われる血液検査によって自分のコレステロール値を把握しておくことが大切です。それを改善するためにはコレステロールを下げる食事を、日々の食生活に取り入れましょう。まず、コレステロールを下げる食事を摂取するなら、牛肉、豚肉、鶏肉などのお肉の取りすぎに注意し、日々の食事に野菜を多く取り入れましょう。特に、野菜の中でも、こんにゃく、キノコは、低カロリーでオススメです。しかし、こんにゃくの場合、お肉と煮るなどすると固くなる傾向があります。食べにくくなるので、調理の際には注意しましょう。

運動でより健康的になる

コレステロールを下げる食事は、肉や野菜の他にも、わかめなどの海藻類や魚なども取り入れましょう。海藻類の昆布には、フコイダンといったガン予防になる成分も入っています。海藻類、魚には、コレステロールを下げる働きをするものもあります。今が旬の魚には、今の時期に必要な栄養が入っていて、健康的な体作りには最適です。また、りんごには内臓脂肪を減らす働きがあります。太りやすい秋の時期に、りんごを食べることにより、太りにくくしてくれます。また、りんごは、1日ひとつ食べることで、医者要らずと言われています。しかし、どのような食生活が望ましいのか分からない方は医療機関に相談するのもいいでしょう。コレステロールを下げる食事を取り入れながら、運動も取り入れましょう。生活に必要な家事は、毎日のことですが、それだけでは足りません。意識して、運動を取り入れましょう。